9月 10
掛商売と現金
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 掛商売とは | icon4 09 10th, 2010| icon3Comments Off

掛商売をしていると現金をよく取扱うと思いますが、どういった管理をしているでしょうか。
今では電卓で計算ということは少なく、何かしらの会計ソフトを利用していることと思います。
ですが掛商売で気になるのが現金の残高です。

毎日会計ソフトなどに入力して今ある現金と帳簿があっているのであれば問題はないのですが、途中現金がマイナスになってることはないでしょうか。
現金がマイナスっておかしいですよね。マイナスということは、その分を誰かや何かで立て替えていることにになるのですが、掛商売でもキチンと記帳しておけばこういった事態にはなりません。

もしこうしたときに税務調査が行われるとなると、とてもいい加減な商売をしていると思われ、ほかの書類なども疑われてしまうことになります。
もちろん掛商売でなくても、こうしたことがあれば印象も悪くなりますので十分注意したいものです。
掛商売でも掛商売でなくても現金の残高をしっかり管理し、キチンと帳簿と合わせておくこと大切です。
個人での掛商売などの事業を行っている人ですと、個人の現金と事業の現金が混ざってしまう場合もありますが、しっかりと分けておかないといけません。
そうしたことを掛商売では日々気をつけておきましょう。

いざ税務調査がいきなりきて、慌てて帳簿をつけることのないようにしたいものです。
といってもいきなりでは、きっと全然まとまらないので不審がられること間違いないでしょうけれど。

8月 5
税務調査と飲食店
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 節税と掛商売 | icon4 08 5th, 2010| icon3Comments Off

掛け商売は脱税をしやすい商売だといわれています。
飲食店を掛商売で行っているところに税務調査が入ったようですが、掛商売ですと売上の計上もれがないか隈なくチェックされるみたいでした。
ただ、掛商売の売上計上漏れというのは、やはり税務署でも難しい作業になるようですね、

そういったときしっかりと調べる部分がマカナイの部分だそうですよ。
マカナイというのは自家消費となってしまうので、掛商売の場合適当にすましてしまうところが多いのだとか。
そういったところに税務調査が入ると、しっかりとした掛商売の計上が行っていばい場合があり追徴金となってしまうんだそうですね。

幸い今回掛商売を行っている飲食店は以前といってもだいぶ前なんだそうですが、税務調査でこのことを指摘されたようで、それからちゃんとマカナイの部分も真面目に計上していたので特に何の私指摘もなく済んだそうです。

掛商売でこういった飲食店になると、どうしても時価消費の部分を忘れがちになってしまいます。
まかないの部分も何かしらの処理をしないと、経費で計上している場合は計算が合わなくなってしまいます。

掛商売だとこういった見過ごしがちになる部分もしっかりと税務調査では調べられることになってしまいますので、日頃から掛商売といえどもちゃんとしておきたいですね。

7月 13
掛商売の注意点
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 国税調査vs掛商売 | icon4 07 13th, 2010| icon3Comments Off

掛商売というのは、請求締め切り日から期末までの売上や仕入れが正しく記入されていることが必要なのですが、買い掛け金で長期の未回収がないかといったなどの税務調査の対策をしておかなければなりません。
掛商売では架空の仕入れや架空の繰上計上がないかなどをしっかりと調査されます。

税務調査は不正を見つけることが目的なので、こういった掛商売の場合一番不正しやすい点を調査してきます。
掛商売での帳簿や保管している証憑などを徹底的に検討されます。
掛商売の場合仕入勘定の部分は税務調査が入った場合どうなるか気にるとおもいますが、まずは掛商売での取引の流れから帳簿を把握していきます。
どういった発注を行い、どこの段階で帳簿をつけるか、そして証憑が保管されているかなどの流れを見て架空の仕入れなどがないかみるそうです。

掛商売では仕入勘定が不安に思うかもしれませんが、事前にものの流れから今行っている決済状況などを確認しておくことで対応することもできます。

掛焦眉あは脱税しやすいと言われています。
伝票を破棄したりといった感じで、ごまかしやすいと言われているからです。
ですが、税務調査を行っているのは調査のプロです。
様々な方法で掛商売の不正を発見しているので、隠そうとしてもばれてしまいます。
ただ伝票だけでなく、いろいろな角度から調査しているので掛商売といっても、不正はばれてしまうのでキチンと納税するようにしましょう。

6月 1
領収書?
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 節税と掛商売 | icon4 06 1st, 2010| icon3Comments Off

今日は商売の基本について説明します。
そんなの基本じゃないかと思われるかもしれませんが、意外と知らないこともあるのですよね。
ということで今日は領収書のこと。税務調査でも大事なものの一つですよね。

まず領収書というのは、簡単に言うと金銭のやり取りをおこなったことの証明書といったようなものでしょうか。
税務調査でも実際に商売としてお金のやりとりがあったのかの証明にもなります。
確定申告をする際も、この領収書がどれだけの費用や経費として商売を行ったかを証明するのに必要になる大切なものですね。

ですが、少し問題になるのがこの領収書というのは商売のやりとりを行った際必ず発行しなければならないということはないのです。
たとえば買い物をしたとき、レシートをもらわないこともありますよね。
ですが別にもらわなかったといっても、特に罰則などありません。
ただ、買ったほうから領収書が欲しいと言われた場合は、ちゃんと発行しないといけないことになります。
税務調査や確定申告のために必要になりますしね。

そして商売で3万円以上の取引を行った場合の領収書には印紙が必要になります。他の商売でも細かい金額などは今日は省いておきますが、これは手数料や租税などの収納金を徴収するための証明書となります。

商売を行っているときは領収書はしっかりもらっておかないとですね。
あとから税務調査などに入られ、領収書がなかったために本当にそういった商売やり取りがあったのかわからずに追徴金を払うことに・・なんてことのないようにしましょう。税務調査の徹底対策のためにも、領収書をなくした・・なんてことのないようにしたいですね。

5月 7
税務調査での心がまえ
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 税務調査の対応 | icon4 05 7th, 2010| icon3Comments Off

ウチの近くのお店が税務調査を前年度受けたそうです。
昨日買い物にとあいるいていると、すれ違いお互いヒマなのもあってなんだか長話になったのです。
久々にあったので今の経営状態とかを話ていたのですが、そのとき税務調査に入られたなんていっていました。

結果としてはただの申告漏れがあったみたいで、追徴課税を払うことで終わったみたいですが、やはり調べられるということが嫌だったなぁなんて話していましたね。その税務調査のときに、会社の書類をコピーして税務職員が持ちかえろうとしたみたいですが、コピーといっても原本そのものを持ち帰ることと同じですので、断ることが出来るそうです。
そのままコピーしてしまっては、税務調査で不必要な部分も含まれている場合もあります。そういった内容のコピーを持ちかえられては調査官の裁量権の濫用となってしまいます。税務調査はあくまで任意の調査なので、協力が必要な場合もあります。
ですが、断れるところはしっかり断って、正しい調査を行ってもらうようにしましょう。

ただ、さすがに税務調査などがいきなり来たら、忙しいからといっても断れるか不安になりますよね。
なにか悪いことでもしたかなと思い、調査官の言われるままになんてことになりがちになりそうですですが、断れるということを覚えておくといいかもしれません。
ですが、都合の良い日に変えてもらうということで、税務調査に入られることを断ることはやめておきましょう。それなりの理由があるはずですので。

4月 7
不服申立の実情
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 税務調査の対応 | icon4 04 7th, 2010| icon3Comments Off

不服申し立てでの税務訴訟の実際について今日はもう少し紹介していきます。
ほとんどの税務調査が納税者の自主的な申告書提出で決着しているのですが、不服がありそしてその主張が認められるのはとても少ない割合と前回も紹介しました。
それは税額をだすのには客観的な証拠があって行う必要があるのですが、納税者としては証拠の作成や保存、証拠を税務署に提示するのは消極的になるものでう。ですが明確な書面が必要となる訴訟の場合、このような納税者であれば勝ち目がないものになります。そして多く場合、税務署が見ているポイントが当っていて、結局税法の違反が発見されているのです。
税務署の税務調査というのは税に関するプロが行うものですので、めったに間違いなどありません。ですので納税者側がおかしいと思っていても、納税者が税に関して見逃している部分があったりするのです。

そして訴訟の代理人は弁護士に限られるのですが、弁護士であり税務訴訟を多く手がけている人というのは少ないのも事実です。税理士というのは補佐としては出廷できるのですが代理人にはなれません。

ただ、稀なことではあるのですが、違法な税務調査という場合もあるのも事実です。
税務調査の手法や調査の拒否ということので違法になる場合もあります。事前通知があったかなかったか、調査の理由の説明がなかったりといったことなのですが、状況などによっても解釈が変わってしまいますし、憲法の解釈にも深く掘り下げなくてはならない問題でもあります。

このような状況にならないためにも、無条件に税務調査での支持に従い後からなんてことのないように、疑問点などがあれば質問してみるのが一番ではないでしょうか。

3月 4
不服申立
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 税務調査の対応 | icon4 03 4th, 2010| icon3Comments Off

税務調査での税務署の処分に不服がある場合は、不服申立手続きというものがとれます。

この意義申し立てとは、滞納処分について納得がいかない場合にはこの処分を課した税務著長に対しての不服申立を行うことができるのです。
これは処分の通知があった日から2か月以内に意義申し立て書を提出して行うことになります。

税務調査では誤った法律解釈があり、納得できない処分をうけることもあります。
あまりあることでもないですが、そういった場合どうすれば良いかの流れを紹介します。

もし税務調査での処分が不服となれば意義申し立てをします。納税者の言い分に理由があるという場合にはその処分を取り消す決定を行い、理由がないと判断された場合には棄却を決定します。ただ、不服申立を行い処分取り消しや、一部取り消しといった確率は15パーセントほどだそうな。
意義申し立てが棄却されたとしても、国税不服審判所長に対しての審査請求が行えます。
この請求は意義決定書が送られてきた日の翌日から1か月以内に行うことが必要になります。
こちらでも理由などを聞いたうえで、裁決を決めることになります。

そして採決で棄却された場合、その次は地方裁判所で訴訟をおこなうことになります。
ここまでいくことはめったにないとはおもいますが、一応税務調査での不服があった場合の対処法です。
もちろん正当な理由がないと不服申立をしても、すぐ棄却されてしまうことになると思いますので、どういったことが不服なのかしっかりと法律わかっていないと難しいですね。

2月 10
顧問税理士さん
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 税務調査の対応 | icon4 02 10th, 2010| icon3Comments Off

掛商売をしていて普段からの会計や税務調査対策に顧問税理士さんにお願いするのがやはり一番ですね。

確定申告をする際も顧問税理士さんに頼めば、税理士さんを通して確定申告になるので税務署からの税務調査がある場合も顧問税理士さんを通して連絡が来るようになります。
まだ顧問税理士さんがいなく、会計処理や確定申告の際に税理士さんにお願いしたいのだけど、どうやって税理士さんを探せばよいいか、どういった税理士さんがよいのかわからないこともたくさんあると思います。

あと実際税理士さんとは何をしてくれる人なのかわからない場合もありますよね。
税理士さんのお仕事は色々あって特にこれといった決まりはありません。ですが税金の計算などは税理士さんしかできなく、税理士資格のない人が他人の申告書を作成する仕事をしている場合は税理士法違反になってしまいます。
主な仕事は、記帳代行と呼ばれるものです、。会社の経理業務の代行なのですが、領収書の発行や請求の支払までしてくれる人もいるのですが基本的に帳簿付けを代行してくれます。

そして税金の申告。税金の申告の代理は税理士さんしかできません。税金の知識のない人には税金の申告は難しく時間がかかるものですので、このときに限って税理士さんにお願いしているところもおおいのではないでしょうか。

そして税務調査の立会や税務署との折衝。
税務調査を受けて不足分の税金を納めることもあると思いますが、税務署のいわれるがままに税金を納めると納め過ぎる場合もあります。
こういった事態に対処できるのが税理士さんなのです。たいていの会社は税理士さんに立ち会ってもらているようです。

そして会社の状況を把握してどうしたら良いかアドバイスをもらうことが出来ます。

ただ、やはり会社のことをよく知っていてくれる税理士さんがいると、税務調査の場合でもしっかりした対応をしてくれます。
もし余裕があれば掛商売をする場合には顧問税理士さんをお願いするのが一番ではないでしょうか。

2月 8

掛商売をやっている人が、日ごろ悩まされるのは在庫処理ではないでしょうか。
売り上げが伸びていくのと比例して、在庫というのは増える傾向にありますよね。掛商売を始めたばかりの人などは、「商品を仕入れて支払を済ませたら、その仕入代金は全部費用として税務処理できるんでしょ?」と思っている人が多いようですが、実際に当期の費用にできるのは、売れたものだけ。
税務調査で指摘されてびっくりします。つまり、売れ残ってる在庫があると、その分は費用にならないので、利益が増えることになります。掛商売の辛いところでもありますね。

やはりこのような企業にとっては、在庫管理は非常に重要です。もちろん、税務調査対策と言う意味でも大切ですし、在庫量を把握する癖をつけておかないと、ついつい売れ残りの在庫管理をおろそかにしてしまいがち。正確な利益を把握するためにも、在庫管理はとても大切です。

また、掛商売でなくとも、在庫の管理だけでなく処分するという考え方が必要です。税務調査でもチェックされますが、期末に在庫を多く抱えていると利益が増えてしまい、多く税金を請求されることになります。この不景気の中、掛商売ゆえ、在庫をかかえ、仕入代金は支払ってしまい、行き過ぎてしまえば黒字倒産・・・なんてことにもなりかねません。
そんなことになるくらいなら、在庫に税金をかけられないように、損切りしてでもお金に換える、セール、大処分という方法もありますね。掛商売でなくても、在庫は税金に影響してきますから、税務調査時に指摘されたりしないよう、早めに対策を打つのがベストです!

1月 14
今年も税務調査対策頑張ろう!
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 掛商売とは, 税務調査の対応, 税務調査の心得 | icon4 01 14th, 2010| icon3Comments Off

こんにちは。新しい1年がスタートしました。掛商売をやっているみなさん、今年も税務調査対策は余念なく行っていきましょう!
掛商売に限ったことではありませんが、商売は代金を回収して、ようやく成立するものです。お客に商品を納品した後、ちゃんとその代金を回収するには、とにかく信用がものを言います。不景気が続いていて、デフレの傾向もいっそう強くなっていますが、今年も負けずに商売をしっかり行っていきたいものです。

さて、掛商売になると、商品代金がまだ未回収・・・なんて時期はよくあるものですが、こういったときに税務調査が入った場合、不利なことはあるのでしょうか。
税務署が調査に入ってチェックしていくのは、その会社のお金の流れです。帳簿などをくまなく確認することで、商売上、不正を働いていないか、不審なお金の流れがないかを調べていきます。掛商売のしくみは重々承知ですから、代金が回収できていないからといって、特に疑われるようなことはありません。しかし、通常よりも回収するのに時間がかかっている場合や、明らかに意図的に操作しているのでは??と思われてしまいそうな件については、税務調査で見逃してくれることは決して無いでしょう。もちろん、会社側として、まったく不正を働いていないのであれば、事実を税務署側に伝えればいいだけのことです。
掛商売の税務調査対策の基本は、帳簿などお金の流れに関する重要な書類などを、普段からしっかり整理しておくこと。突然の税務調査に慌てる事の無いように、今年も日々の業務としてしっかり税務処理していきましょう。

« Previous Entries